【サッカー】気になるJリーグ移籍情報まとめver1【2019年〜2020年冬季期間】

221日(金)のフライデーナイトJリーグより開幕する2020年のJリーグですが、開幕に向けて各チーム補強に向けた移籍情報が続々と入ってきます。

移籍情報の中から個人的に気になった移籍をピックアップしてきたいと思います。

【気になる移籍①】小川航基選手

水戸ホーリーホックジュビロ磐田(期限付き移籍期間満了により復帰)

昨シーズン、ジュビロ磐田より期限付き移籍で水戸に在籍していた小川航基選手ですが、ジュビロ磐田への復帰が決まりました。

川又選手退団の穴を埋め、ジュビロ磐田J1復帰への救世主となり得るのでしょうか。

【気になる移籍②】奈良竜樹選手

川崎フロンターレ鹿島アントラーズ(完全移籍)

川崎フロンターレの2連覇に貢献したDF、コンサドーレ札幌下部組織出身で北海道北見市出身の選手ですが、とてもフィジカルが強く、当たり負けしない選手だなと思っていました。

2020年の鹿島アントラーズはブラジル人2人に杉岡選手も獲得し、かなり本気で立て直しを図っています。

【気になる移籍③】岩崎悠人選手 U-22日本代表

コンサドーレ札幌湘南ベルマーレ(レンタル移籍)

コンサドーレ札幌では出場機会に恵まれなかった岩崎選手ですが、U-22日本代表に選ばれる期待の若手です。湘南ベルマーレで修行してコンサドーレに還元して欲しいと思います。

【気になる移籍④】オナイウ阿道選手 日本代表

大分トリニータ(浦和よりレンタル横浜F.マリノスにレンタル)

先日の天皇杯で活躍した、藤本憲明選手と共に大分躍進の立役者となったオナイウ阿道ですが、2020年は横浜F.マリノスの一員となるようです。

いまの横浜で出場機会を掴めるのかといった所ですね。

【気になる移籍⑤】旗手怜央選手 U-23日本代表

順天堂大川崎フロンターレ(入団内定)

1228日に行われたキリンチャレンジカップ、ジャマイカ戦でのダイレクトボレーは印象に残った方も多いと思います。

日本代表での堂々たる活躍ぶり、大学のエースが川崎フロンターレでどんな活躍を見せるのか期待です。

【気になる移籍⑥】菅野孝憲選手

京都パープルサンガコンサドーレ札幌(レンタル終了後完全移籍)

コンサドーレファンとしては、菅さん(すげさん)の活躍とサポートは本当に大事です。

昨年のルヴァン杯でも決勝戦前までは菅さんが大活躍。いつも誰よりも笑顔でチームのゴールを歓迎していた菅さん。顔もかっこよくて個人的に憧れの選手です。完全移籍大歓迎。

【気になる移籍⑥】相馬勇紀選手 U-22日本代表

鹿島アントラーズ→名古屋グランパス(レンタル終了により復帰)

昨年のシーズン途中に鹿島にレンタルとなった相馬勇紀選手が名古屋に帰ってきます。キレキレのドリブルで右サイドをえぐっていく力は相当な武器となります。

鹿島でもしっかりと印象を残しU-22でも存在感を見せていた選手だけに、2020年シーズンは名古屋復活の立役者になれるでしょうか。

【まとめ】2020年も開幕まで待ちきれませんね。笑

完全に独断と偏見で気になる所だけを切り取った記事になります。笑

この時期はいつも寂しくもあり、驚きもあり…、複雑な感情です。

昨日の味方が明日の敵に変わるサッカーの世界で生きている選手たちには、どんな形であれ頑張って欲しいです。2020年のJリーグも楽しみに待ちましょう。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

にほんブログ村 にほんブログ村へ