【筋トレ】日本初上陸!話題のプロテインビールJOYBRAU(ジョイブロイ)について調べてみた。【ワークアウト後に乾杯】

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月21日
  • 筋トレ

最近登場したプロテイン入り食品の中でも、特に衝撃を受けたプロテインビール、JOYBRAU(ジョイブロイ)について徹底調査してみましょう。

【話題】JOYBRAU(ジョイブロイ)

CAMPFIREというクラウドファンディングで、目標50万円のところ123万円を集めた超話題のノンアルコールプロテインビール「JOYBRAU(ジョイブロイ)」を徹底的に調べてみようと思います。

JOYBRAU(ジョイブロイ)ってなに?

1本で21gのプロテインが摂取できるドイツ生産のノンアルコールプロテインビールです。この度クラウドファンディングでお金が集まったことによって日本への輸入が決まりました。

早く飲みたいという方はマッスルデリのサイトから予約注文が開始、2月後半配送予定との事です。

JOYBRAU(ジョイブロイ)はビールの本場ドイツでフィットネス業界で最新、かつ最も革新的な商品を表彰する「FIBO INNOVATIONTREND AWARDS2018」も受賞しているスゴイ商品です。

JOYBRAU(ジョイブロイ)は誰が作ったの?

トレーニング後にビールも楽しんで、さらにトレーニング効果も得たいと考えたエリック(右)とトリスタン(左)によって開発されました。

トレーニングをしている人にとってビールは禁断の飲み物です。飲むのを諦めるか、トレーニング効果半減を割り切って飲むかという選択を迫られるのが常識と思っていましたが、そんな常識をぶち破ってくれた2人です。

JOYBRAU(ジョイブロイ)はいつ飲むの?

まず考えられるタイミングとしては「トレーニング後」が有力ですね。脂肪燃焼効果のあるLカルニチンやBCAAも含まれていることから「トレーニング中」も対象になりそうです。

ビールを飲みながらトレーニングなんて今まで考えもしなかったですが、実現する日も近いのかもしれません。

合同トレーニングの後にJOYBRAU(ジョイブロイ)で乾杯してから解散なんて楽しいですね!ぜひやりたい。笑

JOYBRAU(ジョイブロイ)の栄養成分

1330mlあたり】

エネルギー135kcal

タンパク質21g

脂質0.5g

炭水化物16.8g

大体普通のプロテイン1杯ぐらいの感じでしょうか、脂質も低めに抑えられている点がポイント高いです。kcalもまずまず合格ラインと考えていいでしょう。

JOYBRAU(ジョイブロイ)の特徴

ビールの本場であるドイツで生産されている。

筋肉の成長に不可欠な必須アミノ酸、BCAA配合。

柑橘系のフルーティーな味わいで後味に苦みがある。

アップルサイダーの様な味。

脂肪燃焼に効果的なLカルニチンとベータアラミン配合。

アルコールは筋肉の合成を阻害したり、分解を促してしまうため、筋肉を鍛えていきたい人にとっては負の側面が大きいので、JOYBRAU(ジョイブロイ)もノンアルコールとなっています。

【味】肝心の味は美味いの?

日本でまだ味のレビューをしている人はいませんでした。

ちなみにこのツイートを翻訳すると「いいね!最高だ!タンパク質が21gも入っておまけにBCAAまで入っているぜyeah!これはまさに革命的だぜ!」的なことを言っています。(適当…。)

おそらく美味しいんでしょう。飲んでみたいです。

ちなみにフード宅配マッスルデリってなに?

マッスルデリHPはこちら

マッスルデリは筋トレやダイエットに取り組む人に向けた、高タンパク・低糖質な弁当宅配サービスです。

タンパク質豊富な食事を美味しく食べたい、トレーニングと仕事で食事管理まで手が回らないという方には良いサービスですね!

【まとめ】プロテイン入り食品の概念が変わりました。

プロテイン入りビールなんて想像もしていなかったので正直びっくりです。

フィットネスの本場でもありビールの本場でもあるドイツから産まれたJOYBRAU(ジョイブロイ)、日本人に好まれてどう浸透していくのか楽しみですね!気になった方はフードデリからご予約をどうぞ!

ちなみに価格は今のところ4本で税抜送料込4,600円。

高すぎて手が出せませんので誰か私にプレゼントしてください。笑


にほんブログ村 にほんブログ村へ